高度の専門性と調査能力を活かした社会的正義の実現 医療事故・犯罪被害者支援・刑事弁護・コンプライアンス・相続・各種民事事件
HOME > お知らせ > 新着情報 > 新型コロナウイルス問題下の営業時間と感染対策

新型コロナウイルス問題下の営業時間と感染対策

 

当事務所は、職員の出勤時間を大幅に減少させた上で、概ね、平常に近い10時~17時の営業をしています。

コロナウイルスは、数ある風邪ウイルスの一種ですから、風邪やインフルエンザを根絶することができないのと同様、根絶は困難であり、

(年単位を要すると予想される)

新薬の普及と集団免疫の成立で死亡リスクが低下するまで、問題は長期化するとの認識の下、平常に近い営業を継続する方針です。

当事務所内部の対策

科学的合理性があると考えている情報に基づき、次のようにしています。

 外からの入室時は当然として、外出しなくても、頻回の手洗い。

1日1回以上、ドアノブ、スイッチ、カウンター等のアルコール消毒。

恒常的に窓を開けて換気。

執務室内でのマスク着用は不要とする。訪問者と対面するときは着用。

風邪症状の職員は欠勤し、様子見出勤はしない。それができるよう、勤務体制に余裕を持たせています。マスクを着用することより、くしゃみ・風邪の症状がある人が他人に近づかないことの方が重要と考えています。

 

 

PAGE TOP